スポンサーリンク

関空発シンガポール航空 SQ619便(A380-800) エコノミークラス搭乗記。

SQ619便(A380-800)Yクラス窓からの眺め画像

2年ぶりの海外旅行。

前回のグアム旅行では、ティーウェイ航空というLCCを利用し、窮屈な思いをしたことから次こそは、一般航空会社の飛行機で空の旅を満喫したいと思っていました。

行き先はシンガポール。

シンガポールに行くなら絶対、エキゾチックな民族衣装サロンケバヤに身を包んだCAと質の高いサービスを誇るシンガポール航空で行くと決めていました。

そして、ようやくシンガポール航空で行くシンガポールを実現させることができました。

我が家が利用した、関空11:00発SQ619便(A380-800)エコノミークラス座席配列2-4-2に関する搭乗記です。

スポンサーリンク

シンガポール航空A380-800で行くシンガポール

SQ619便(A380-800)標準座席 オンラインチェックインを実行

シンガポール航空で行くシンガポールが数年来、私が実現したいと思っていた旅の一つでした。

そんな私の夢を叶えてくれるプランが詰まったツアーを発見し即決。

ただツアーの場合、家族・友人同士、飛行機の座席において並び席プランの設定はなく席は出発当日空港での案内というのがお決まりのパターンです。

我が家が参加したツアーでも、e-チケットは当日空港で受け取ることになっていました。

実際に割り当てられていた席は隣同士で心配は不要でしたが、シンガポール航空では48時間前にオンラインチェックインが開始された後、座席は無料で選択できます。

座席を確認し空席があれば希望の席を押さえ、チェックインを済ませたほうが安心です。

というわけで、空港諸税が確定し引き落とされたあと旅行会社に問い合わせ、予約番号と航空券番号を聞き出しオンラインチェックインを実行しました。

予約の管理画面で予約番号を入力し、あとは画面の指示に従い入力していくだけです。

出典:https://www.singaporeair.com/ja_JP/plan-and-book/managebooking/

我が家が搭乗するSQ619便(A380-800)エコノミークラスのシートマップを確認したところ2-4-2の配列で、しかも窓際の並び席が割り当てられていたため、座席シートの変更は行わずチェックインだけを済ませ搭乗券を印刷しました。

毎回忘れるマイレージ ANAマイレージで事後登録

飛行機は滅多に乗ることがありませんが、せっかく持っているANAマイレージカード。提携航空会社の事後登録でマイルの申請を行いました。

これを機に今度からいろいろな方法でコツコツマイルを貯めたいと思います。

関空のSQチェックインカウンター

シンガポール航空インターネットチェックインカウンター画像

第1ターミナル国際線4F北団体カウンターでe-チケットを受け取り、印刷したものではなく正規の搭乗券が欲しくて一番端のチェックインカウンターHに並びました。

出典:https://www.kansai-airport.or.jp/map/t1/4f.html

チェックインシステムも進化し、自動チェックイン(キオスクチェックイン)が導入されていました。横にスタッフがいてくれるものの、できるなら自分で操作します。

シンガポールのほうでも帰国便に対しては、荷物の預け入れを含め完全に自動チェックインが導入されていました。

そのせいかどうかはわかりませんが、行きも帰りも全く混雑していませんでした。

既にインターネットチェックインを済ませていましたが、事情を説明し新たに搭乗券を受け取りました。その際、印刷した搭乗券は破棄されます。

正規の搭乗券は従来の物とは違いコピー用紙以上に薄っぺらい搭乗券でした。

インターネットチェックインカウンターで荷物を預け、このあと即座にセキュリティチェック→税関・出国手続きを済ませ搭乗ゲートへ向かいました。

SQ619便(A380-800) 南ウィング31番ゲートは、ウィングシャトルで移動

関空にある免税店画像

特に免税店で欲しいものもなく、早めに搭乗ゲートに移動しました。

南ウィングにある31番ゲートには、ウィングシャトルで向かいます。

関空ウィングシャトル画像

搭乗ゲート付近には、空港ラウンジやタリーズコーヒーもあり、待ち時間は何とでもなります。

南ウィング31番ゲート画像

SQ619便(A380-800) 搭乗開始

SQ619便(A380-800)画像

エンジン4基のエアバスA380-800。久々の超大型旅客機に興奮します。

機内での混雑を避けるため、搭乗する順番が決まっています。

搭乗が開始されたからといって早々に並ぶ必要はなく、アナウンスされるまで座って待っていれば良いです。

通路も2手に分かれており、チケットに記載されたシートナンバーのほうに進みます。

新聞及びイヤホンはセルフサービスとなっており、機内に乗り込む直前、必要に応じて各自手に取っていきます。

エコノミークラス スタンダードシート座席配列2-4-2

SQ619便(A380-800)のエコノミークラス スタンダードシートは3-3-32-4-2の座席配列があり、我が家は後方の2-4-2にあたりました。

横にA~K、縦に71番~79番まで全部で88シートです。

出典:https://www.singaporeair.com/saar5/pdf/OurFleet/airbus380-4class.pdf

座席シートとシートモニター

SQ619便(A380-800)Yクラス2-4-2配列座席シート画像

3-3-3のシートと比べ2-4-2は全てにおいて型が古いです。

しかしながら、窓際のシートの横に設置された収納ボックスは不要な枕や毛布、手荷物などを収納することで随分役に立ちました。収納ボックスは、この席だけの特典です。

SQ619便(A380-800)Yクラスにある収納ボックス画像

2-4-2のシートモニター。

SQ619便(A380-800)Yクラス2-4-2配列シートモニター画像

リモコンは取り外して操作できます。

シートモニターのリモコン画像

映画を見るため日本語に設定して見ていましたが途中、何かの操作をしたことで日本語が表示されなくなり、何度やり直しても元に戻りませんでした。

やり方が間違っていたのか?これでかなり時間を費やし散々な思いをしました。

非常に扱いにくいリモコンでした。

途中、CAが大丈夫かと訊きにきてくれましたが、説明するのも面倒で適当にOKと応えておきました。

泣く泣く見たかったジェイソンステイサムのThe Megを諦め、日本語放映のちはやふる-結び-でも見ておきました。hu-luで上・下見ていたんで面白かったですが。

シートの足元にはフットレストが付いています。離着陸の際は上げておかなければいけません。

SQ619便(A380-800)Yクラス2-4-2配列シートのフットレスト画像

前方はカーテンで仕切られているため、トイレは基本的に後方にあるトイレを使います。混雑していれば前方にあるトイレも使用できます。

SQ619便(A380-800)Yクラス機内画像

離陸してフライトが安定すると暫くして、温かいおしぼりと機内食のメニューが配られます。

機内サービス おつまみ&ドリンク

SQ619便(A380-800)Yクラス機内サービス ドリンク&おつまみ画像

おしぼりの後、おつまみやドリンクの機内サービスが開始。

ジュース・ウーロン茶・サイダー・コーラ・ミネラルウォーター・ワイン・ビールといったドリンクが好みに応じて提供されます。

機内サービスドリンク&おつまみ画像

SQ619便(A380-800)エコノミーサービスの機内食

機内サービス メニュー画像

11:00発SQ619便(A380-800)の機内食は、和食かシンガポール料理のどちらかです。

CAからは「チキンorポーク」といった訊ね方をされ、和食を頼むつもりが思わずチキンと応えてしまいました。

シンガポール料理の中味は

SQ619便(A380-800)Ýクラス 機内食シンガポール料理画像

  • 前菜:カチュンパルサラダ(キュウリ・トマト・レッドオニオン・レモンとスパイスのドレッシング)
  • メイン:チキンビリヤニ(シンガポール風チキンカレー)・サフランライスと共に
  • ベーカリー:パンとバター
  • デザート:ハーゲンダッツアイスクリーム
  • 飲み物:温かいコーヒーか紅茶

ライスは食べきれませんでしたがチキンはスパイシーながらもクセがなくとても美味しかったです。

一方の夫が頼んだ和食は

SQ619便(A380-800)Yクラス機内食和食画像

SQ619便(A380-800)Yクラス 機内食サラダとそばの画像

  • 前菜:前菜盛り合わせ
  • 麺:季節の冷たい面
  • メイン:角切り豚の蒸し煮(関西風ポークリブ蒸し煮・季節の野菜・ご飯)
  • ベーカリー:パンとバター
  • デザート:ハーゲンダッツアイスクリーム
  • 飲み物:温かい煎茶か烏龍茶

ポークとチキン味比べしたところ、断然チキンのほうが美味しかったです。

デザートのハーゲンダッツのアイスクリームは嬉しい限り。

SQ619便(A380-800)Yクラス 機内食ハーゲンダッツアイスクリーム画像

ついてない!またもシートを倒され窮屈な時間を過ごす羽目に

前列のシート画像

それにしてもつくづくついてないというか、またも前客にシートを倒され窮屈なフライト時間を余儀なくされました。

前に座っていた韓国人カップル。男性のほうは後ろを気にして遠慮気味にシートを倒していましたが、女性のほうは遠慮なし。かといってシートを倒されても文句は言えません。

機内食が出るころにはCAにシートを上げるよう言われていましたが、食事が終わった途端また元通り。

約7時間ずっとそのまま。

周囲を見渡してもカップルの女性並みにシートを倒している人は極僅か。殆どの人はそのままか、倒したとしても、後ろを気にしてやや倒しているだけ。

マレーシア・グアムに続いて前客にシートを倒されるのはこれで3回目。

少しくらい倒される分には良いですが、それ以上にシートを倒された側は、シートモニターがとても見にくく目が痛くなります。

自分も同じようにシートを倒せば済む話ですが、後ろの人のことを考えるとそれもできません。

それはそうと帰国便のシートはとても快適でしたが、斜め前方でシートをそこそこ倒していた人がいて、その真後ろの席の子供がめちゃめちゃ怒ってました。そうその子もずっとシートモニターで映画や何かいろいろ見てましたからね。

機内で寝る分には関係ないですが、フライト中ずっと映画を見ていたい私にとっては苦痛の時間でしかなかったです。

今回ほどビジネスクラスが羨ましいと思ったことはありません。

SQ619便(A380-800) Y2-4-2の感想。

着陸態勢に入ったSQ619便(A380-800)画像

さすが大型旅客機 安定の離着陸でした。特に着陸は穏やかで耳が全く痛くなりませんでした。

2年前に乗ったLCC(ティーウェイ航空)と比べてどうだったかと言えば、先述した通り前客のシートの倒し加減で今回も窮屈だったことには変わりありません。

関空発グアム行きのティーウェイ航空 搭乗記 中高年にはちょっぴりキツかった話。

しかも、見たかった機内エンターティメントも十分に満喫できず。

よって不満タラタラのエコノミークラスでした。

それでも、帰国便であたった3-3-3はシートモニターは優れていて良かったけど、2-4-2の配列は2人連れには悪くないと思います。

またCAは、エコノミークラスにおいても一人一人に対して丁寧なサービスを心掛けているように見受けられます。但し大勢の乗客を少人数のCAで応対するのは大変で、CAが座席に回って来る率は非常に低いです。

行きは快適な空の旅とは言えませんでしたが、それでもまたシンガポール航空でシンガポールに行きたい気持ちは変わらず。

私って余程シンガポール航空が好きなんだなー。

帰国便の搭乗記はまた改めて。

旅の記録:2018年11月中旬