スポンサーリンク

関空発グアム行きのティーウェイ航空 搭乗記 中高年にはちょっぴりキツかった話。

グアムでの滞在時間を少しでも長く有効に活用するため、関空発午前便の韓国LCC(格安航空機)ティーウェイ航空を利用することに決めました。

今後利用する方の参考になるよう、我々が搭乗した関空発→グアム行きのTW311便と帰りのグアム発→関空TW312便についての搭乗記です。

ティーウェイ航空 TW311便&TW312便

大まかな決まりごと

TW311便

日本⇔グアム線において、受託荷物は1人1個23kgまでが2個無料となっています。

機内に持ち込むことができる手荷物は、ハンドバック以外に1人1個となっています。

3辺の合計が115cm以内で重さ10kg以内であればOKということです。

ということは、例えば、リュックやハンドバック以外に指定サイズのスーツケースやボストンバックを機内に持ち込めるということだと解釈できます。

私たちはそれぞれキャリーバックを受託荷物として、肩掛けカバンと別に手提げカバンを機内に持ち込みました。

また、あらゆる液体物は、100ml以下と決まりがありジッパー付の透明プラスチック製の袋に入れなければなりません。

袋のサイズは、縦20cm以下で横20cm以下のものです。100円均一で販売されているジッパー付の透明袋でOKです。数は1人1個です。

ライターやマッチも1人1個、持ち込み可能です。

参考 http://www.twayairlines.jp/service/baggage.html

搭乗手続き

ティーウェイ航空カウンター画像

基本並び席は確保できないそうですが、実際はそうでもなく空席さえあればグループごとに近い席を確保してくれます。

JTBを通して予約したツアーですが、空席の事前予約不可能なプランであったため、当日空いていた並び席といえばリクライニングのできない最後尾しか余っていませんでした。

帰りのグアム発→関空行きTW312便にしても同じで、この日に限り開放している席があるので25ドル支払えば並び席になるが、そうでない場合は1人だけ離れた席と選択を迫られました。

結局のところ尾翼の辺りで、またもリクライニングができない席ですが、25ドル支払わずとも並び席が確保できたというわけです。

出発便(関空→グアム)TW311便 搭乗 座席シートの座り心地

TW311便 機内画像

TW311便の座席の配置は、中央の通路を挟み、右3席、左3席です。

シートの間隔は狭く窮屈でした。

前列の乗客がシートを倒していたため、ことさら狭く窮屈に感じました。正直言って中高年の体にはキツかったです。

一般航空機でも前列の乗客がリクライニングすれば少し窮屈に感じますが、TW311便においては、それを上回る窮屈さでした。

またトイレが真後ろにある最後尾の座席でしたので、トイレを利用する分には良いですが、ニオイが微かに気になりました。

機内サービスは?

機内パンフレット画像

機内での無料サービスはミネラルウォータの支給のみ。

その他は全て有料です。

出国手続きを終えた時点で、免税店や自販機で食べ物や飲み物を購入し持ち込みできます。

またお菓子などの持ち込みも可能です。

機内で缶ビールを購入した場合、1缶4ドル必要です。

パンフレット画像

機内販売いろいろ

パンフレット画像

シートのポケットに機内販売品が記載されたパンフレットが入っています。

機内販売品は、韓国製の飲み物やスナック類、弁当がメインですパンフレット画像

パンフレット画像

見た目は美味しそうですね。

グアム空港 無事到着

グアム空港画像

グアムに無事到着。

フライトそのものは順調で何の問題もありませんでしたが、着陸態勢に入り降下する際、左耳が痛く耳栓をしていても全く意味がありませんでした。

TW311便
写真は我々が搭乗したTW311便です。

帰国便(グアム→関空)TW312便 搭乗

TW312便

行きの便では、3人と1人という並び席で1人通路側に座っていたので、帰りは尾翼の窓側の席を確保しました。

TW312便

受託荷物の積み込み作業が見えます。

TW312便

離陸直前のTW312便。

TW312便

グアムから関空行きの午後便発は、左側の席がオススメ。なぜなら空の上で真っ赤な夕陽を望むことができるからです。残念ながら右側の席でしたので、夕日を拝むことは叶いませんでした。

TW312便 乗り心地

TW312便 機内画像

グアムから関空へ向かうTW312便は、TW311便と比べシートがやわらかく楽に感じました。

機種によって乗り心地は全然違います。

ところで、夫等は帰りの機内でも缶ビールを買おうと意気込んでいましたが、免税品以外の機内販売はなしと言われがっくりしていました。

あとがき

TW312便 フライト画像

料金的には、変わらぬ金額で大韓航空やユナイテッド航空がありましたが、両者とも行きは夜便発で帰りは朝便発。同じ4泊5日でもグアムでの滞在時間がグーンと短くなるためティーウェイ航空を選びました。

ティーウェイ航空が初めてのLCC体験となりましたが、一般航空機と比べるとやはり不満が多く残ります。

特にシートモニターなしのフライトは暇を持て余してつまらなかったです。

いまどきは、スマホやタブレットに映画や音楽をダウンロードして機内で楽しむという手もありますが、今回はそこまで気が回りませんでした。

このツアーを予約する前、友人とは何度もやりとりしお互いに十分納得の上決めた内容でした。

友人夫妻は10年ぶりのグアム旅行だったそうです。

10年前は今回とほぼ同じ料金で、往復便はユナイテッド航空。行きはビジネスクラスだったそうで(スゴイ)。その上、グアムでのシャトルバス乗り放題チケットや国際テレフォンカード、グアム・プラザホテル直営のターザの利用チケットも付いていたんだとか。

10年一昔とはよく言ったものです。

我が家にしても、数年に一度行けるか行けないかの海外旅行。若くて元気なら多少キツくてもどうってことありませんが、これからますます年を重ねていきます。同じ高いお金を払うなら、次こそは、行きも帰りも含め全て満足できるものにしたいねと意見が一致しました。

最後に一言。意外と皆さんお忘れになる方が多いようですが、入国審査で必要な書き物があるので、1人1本ボールペンは必ず持参しましょう

搭乗記録:2016年11月初旬