スポンサーリンク

グアムの水陸両用観光バスツアー ライド ザ ダック 体験記

グアムタモン通り画像

グアム滞在3日目。午後からはTギャラリアのツアーデスクで申し込んでいた水陸両用観光バスツアー ライド ザ ダックに参加しました。

ダックツアーの乗り心地と、その全容について我が家の体験記です。

スポンサーリンク

大人も子供も楽しめる水陸両用ダックツアー

水陸両用観光バスツアー ライド ザ ダックの概要

受付画像

ダックツアー料金
現地のツアーデスクで申し込むと12歳以上の大人は45ドル。2歳~11歳の子供は25ドル。2歳未満の子供は無料です。

集合場所と受付
集合場所はサンドキャッスル前。

ツアー開始30分前に集合し受付を済ませます。受付場所はサンドキャッスル前の広場です。

集合場所に到着したら、先ず受付に控えのチケットを提示し、アヒルのくちばしの形をした笛「クワッカー」と交換。

運行時間
運行時間は、9:30~16:00まで、所要時間は約90分です。

ダックツアー参加の服装と注意点

水しぶきで濡れることを想定し服装はカジュアルに。

車内への飲食は持ち込み禁止です。暑くてのどが渇いても水分の摂取は不可能です。

またツアー参加中、休憩はないのでトイレは必ず済ませておきましょう。

待ち時間の過ごし方

滞在先のグアム プラザホテルから、サンドキャッスル前まで歩いて僅か10分あまりの道のりですが、容赦なく照りつける日差しと湿気、額には汗が流れます。

木陰すらも暑くてたまったもんじゃありません。出発までの待ち時間は、エアコンの効いたサンドキャッスルのロビーで待つことも可能です。

観光バス ダック

全長約10mの38人乗りです。

ダック画像

車体は、第二次世界大戦で使われた水陸両用車を再現したものだそうです。

ダック画像

運行ルートは、サンドキャッスル前→港までドライブ→スプラッシュダウン→海上周遊→アガニア地区周遊→ザ・ビーチ→サンドキャッスルとなっています。

できれば前側のほうで、右側の席がオススメ。

我が家は、何も考えず右側の席に着きましたが、車窓から臨む景色が最高でした。

 ダックツアー いざ出発。

ダック内画像

順番に並び、後方から乗車してイザ出発。

車内にただようディーゼルエンジンのニオイ。それも最初のうちだけ。そのうちに慣れてきますし、気にしていたらたまりません。

流れる日本語オーデオガイドの指示に合わせ、

クワッカー画像

大人も子供も雰囲気にのまれ、アヒルのような音が出るクワッカーを吹きまくっています。

日本語オーデオガイドから流れる、チャモロ文化や歴史について耳を傾けながら

港まで各名所をめぐる約30分のドライブ。

ダック内走行中画像

横だけでなく前方の窓も開放されているので、心地よい風が車内をかけめぐります。

街中を通り抜け、やがて海岸沿いに差し掛かります。

海岸沿い画像

ここからしばらくの間、海岸沿いの開けた景観がつづきます。

名所画像

各名所をめぐって行きます。

名所画像

通り過ぎてく景色

海岸沿いの景色

やはりグアムの海の色は素晴らしい。

海岸沿いの景色

立ち止まって写真撮影ができないため、写真を撮るには、右側の席が優良席となります。

やがて左側の風景が工業地帯へと変わり

ダック内走行中画像

海岸沿いの景色

荒波がたつ海岸沿いへと繋がっていきます。

海岸沿いの景色

海岸沿いの景色

海岸沿いの景色

そしてようやく、港に到着。

港に到着したら、ドライバーが交代しタイヤが収納され車からボートに変わります。

それから、「衝撃に備え両手で前のシートを掴んでおきましょう」と説明が入ります。

いよいよ海へダイブ

ダイブした直後のダック画像

いよいよ、水しぶきを上げて海へダイブ。

この瞬間を大いに楽しみにしていたのですが、大した衝撃はなく海の中へ

海上周遊は約15分。

湾の中をゆらゆら漂う遊覧船に変わりました。

周遊画像

周遊画像

このあと、船長さんの呼びかけで、ツアー参加者が交代でダック船長になり代わり、試運転や各々が持参したカメラで写真撮影ができます。

参加したければすすんで手を挙げること。

ダック船長画像

海上は、なまぬるい潮風にさらされ、陸上よりも更に暑いことこの上なし。

周遊画像

約15分間の周遊を終え、港に上がり再びドライバーさんが交代。

 なんと帰りは睡魔に襲われるの巻

帰りはハガニア地区を周遊して戻ります。

聖母マリア大聖堂やラッテストーン公園などグアムを代表する名所を車窓から見学できるのですが、帰りの車内は、日本語オーデオガイドはなく洋楽がガンガン流れていました。

またある程度の所まで前方の窓ガラスが封鎖されていたため、暑くてたまりません。

帰りは暑さと熱風にやられて皆げんなりしたのか、意気揚々と写真を撮る人は殆どなく眠気に襲われてしまったようでウトウトしてる人が多かったです。

さすがの私も眠気に襲われ帰りは1枚の写真すら撮っていませんでした。

ダックツアー参加後の感想。

海岸沿いの景色が素晴らしく、とても和やかで楽しいツアーでしたが、海上ダイブはちょっと物足りなかったかな。

スプラッシュマウンテンとまではいかないまでも、それに近いことを期待してたってわけです。でもそれだったら子供たちは危険ですよね。

経験してわかったことは、子供から大人まで楽しめる安全な乗り物だったってことです。

不満な点は、暑さと水分が摂れなかったことくらいかな。

旅の記録:2016年11月初旬

  • 集合場所:サンドキャッスル前
  • 所在地:1199 Pale San Vitores Rd, Tamuning, 96913 グアム
  • TEL: +1 671-646-6800