スポンサーリンク

華やかで洗練されたチャンギ国際空港 ターミナル3からの帰国。

今も昔も変わらぬ華やかで洗練されたチャンギ国際空港は、2018世界空港ランキングでも堂々の第1位に輝いています。

4泊5日のシンガポールパックツアー最終日。

シンガポール航空、午後の便で帰国となるため12時前にチャンギ国際空港ターミナル3に到着しました。

スポンサーリンク

チャンギ国際空港ターミナル3

チャンギ国際空港ターミナル3 自動チェックイン機画像

世界屈指のチャンギ国際空港ターミナル3は2008年にオープン。360店以上の販売店に加え、屋内アミューズメントパーク、シャワー・フィットネスサービス(有料)、医療センター、コンビニ、昼寝用のVIPルーム、バスによる主要観光スポットツアーなどトランジットタイムも快適に過ごせるよう、さまざまなアトラクションとサービスが提供されています。

何もかもが自動でスムーズ

先ずは、eチケットの控えを持って自動チェックイン機で搭乗手続きを行い、次に手荷物も自動手荷物預け機で操作。

こうしてスムーズにことが運び、身軽になって出国ゲートへ向かいます。

その前にちょっとだけ周辺をウロウロ。

チャンギ国際空港ターミナル3 BENGAWAN SOLO外観画像

シンガポールでは有名なお菓子の店「BENGAWAN SOLO」です。

BENGAWAN SOLOでは、最高級の原材料を用いて、じっくり丁寧に時間をかけて作り上げたケーキやクッキーなどを販売しています。シンガポールの人には大人気のお菓子なのだとか。

この店のお菓子はどうか知りませんが、シンガポールのケーキはちょっと甘すぎるものもあるので口に合うかどうかは本当に食べてみないとわかりません。

期間限定のハリポタエリア

チャンギ国際空港ターミナル3 ハリポタエリア画像

2018年11月16日~2019年2月中旬まで開催予定のハリポタエリアです。

ハリポタシリーズの最も象徴的な場所を、実物大で表現したインスタレーション(現代アート)です。

USJにあるハリポタエリアとよく似てます。

中に入り込んでみるともっと面白そうな体験ができるようですが、USJで十分満喫していることからスルーし、とっとと出国手続きすることにしました。

出国審査も自動化でスムーズ

チャンギ国際空港ターミナル3画像

出国審査も自動化され、指示された通りやることやって、呆気なく終了。

あとは時間まで、免税店をウロウロするだけです。

高級ブランドから手ごろな価格の物まで豊富に取り揃う免税店

チャンギ国際空港ターミナル3画像

ショッピングを楽しむだけでなく、食事が気軽に味わえるフードコートもあります。

チャンギ国際空港ターミナル3フードコートエリア画像

こんな時に限ってお腹は空いてないし、特に欲しいものもなくただひたすらウロウロするだけ。

チャンギ国際空港ターミナル3免税店街画像

レゴブロックによるメッセージボードのようなものもありました。

チャンギ国際空港ターミナル3レゴブロック画像

手前がウィスキーで奥がワインの免税店です。

チャンギ国際空港ターミナル3ウィスキーとワインの免税店画像

搭乗ゲートA1~A8

チャンギ国際空港ターミナル3Gate Lounges画像

シンガポールに到着したときの通路までやって来ました。

チャンギ国際空港ターミナル3中央エリア画像

この場所を右に降りたらイミグレーション。それにしてもあっという間の5日間でした。

チャンギ国際空港ターミナル3イミグレーションに通じるエスカレーター画像

ふと振り返ると到着した時には気付かなかったクリスマスツリーと

チャンギ国際空港ターミナル3クリスマスツリー画像

正面にはマーライオンが。

チャンギ国際空港ターミナル3マーライオン画像

ここから先は、特に何もありません。かといってスカイトレインを利用してターミナル1やターミナル2に行く時間も残っていませんし

帰国便の搭乗ゲートA12へ

チャンギ国際空港ターミナル3搭乗ゲートへ向かう通路画像

帰国便の搭乗ゲートは、A12。

思い残すこともなく搭乗ゲートへ向かいました。

なお到着時に収めた〇〇〇の税金は多額でしたが、誰かさん免税店ではちゃっかりまとめ買い。少しは元取ったのでしょうか?

旅の記録:2018年11月中旬。