和歌山マリーナシティ 黒潮市場のフードコートで初ランチ。

黒潮市場 場内画像

代休を利用して、和歌山マリーナシティにある黒潮市場へやって来ました。

楕円形の場内には、生マグロの解体ショーが行われるマグロコーナーをはじめ、近海産で獲れた鮮魚や干物、各地で取り寄せた旬の魚介類、和歌山の特産品を扱う物販店や反対側の通路にはフードコートもあり、更に2階には生マグロが味わえるバイキングレストランもあって、ただ見るだけでも楽しめる雰囲気の海鮮市場です。

この日我が家は、前から興味のあった黒潮市場のフードコートを初めてランチを食べてみることに。

スポンサーリンク

 紀州黒潮市場のフードコート

平日の黒潮市場は驚くほど人が少ない

黒潮市場 フードコート画像

活気溢れる土・日・祝日の混雑時に比べ平日のこの日はとても静か。フードコートの通りも見事ながらんどう。それはそれで良いのか悪いのか。なぜなら来客が少ない分、店頭に並ぶ食材も少ない気がするからです。

せっかく食べたかった、マグロ寿司も売り切れのため早々に店仕舞いしていました。残念。

和歌山ラーメンも食べられるフードコート

黒潮市場 フードコート画像

フードコートには、バーベキュー食材、丼物、寿司、麺類等いろいろあって、食欲をそそります。

黒潮市場 フードコート画像

なんとなんと麺処には和歌山ラーメンもありますやん。

黒潮市場 フードコート画像

黒潮市場のフードコートは、注文→会計→料理受け取り→飲食スペースへ移動→後片付けまでと完全セルフサービス。

受け取った料理は、飲食テラスまたは飲食スペースで食べることができます。

 冬場の飲食テラス

黒潮市場 飲食テラス画像

冬場の飲食テラスはシートで囲われていて、大きめのストーブも点いています。ただストーブから離れた場所だと少し寒いかも。

向こう半分は、テーブルにコンロがついた浜焼きバーベキューコーナーです。

黒潮市場 飲食テラス画像

食後は、返却コーナーに残飯やゴミを分別して処理しトレーや食器は返却。ゴミの分別がやや面倒くさいです。

フードコートで注文した和歌山ラーメンとマグロいくら丼

迷わず注文したのが、めん処あけぼの和歌山ラーメン(1杯820円)

黒潮市場の和歌山ラーメン画像

と、マグロ寿司の代わりに注文した、浜丼食堂のマグロいくら丼(1,800円)です。

浜丼食堂のマグロいくら丼画像

あれれ?思ったんと違ったかも。

黒潮市場の和歌山ラーメン画像

マグロいくら丼のマグロはまあまあ美味しかったけど、ご飯の量が多いわりにマグロとイクラの量が少ないしイクラの味付けだって微妙。それに和歌山ラーメンの麺はのびのびのやわらか麺で何じゃこりゃって感じ。

このような場所でいただく食事は仕方ありませんが、値段も2割り増しで高い気がします。

これはこれでいい経験になりましたが、やはり和歌山ラーメンは和歌山ラーメン専門店でいただくのが一番です。

最後に、黒潮市場の買い物専用駐車場は、1時間毎に500円です。市場で1,000円以上の買い物をすれば1時間、食事をすれば2時間無料になります。

黒潮市場
所在地:〒641-0014 和歌山県和歌山市毛見1527
TEL:073-448-0008
営業時間:10時00~18時00
駐車場:有り/有料

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする