スポンサーリンク

地球丸いを実感 キャンプもできる本州最南端 潮岬。

潮岬駐車場画像

国道42号線から潮岬東入り口の交差点を県道41号線へ

道なりに進んでいくと潮岬にたどり着きます。

潮岬観光タワー横にある駐車場に車を停め、望楼の芝という名称の芝生広場を散策してみることにしました。

串本を代表する観光名所 潮岬

本州最南端潮岬石碑画像

和歌山県串本町にある潮岬は、本州最南端に位置する観光名所です。

潮岬といえば、高知県の室戸岬と並んで台風の上陸地点としても知られていますが、天気の良い穏やかな日は最高の絶景スポットです。

潮岬望楼の芝キャンプ場

ここ潮岬の青々とした、だだっ広い芝生広場は約10万㎡もあるのだとか。その一部が潮岬望楼の芝キャンプ場として開放されています。

連休中のこの日もキャンプエリアには沢山のテントが張られていました。

潮岬望楼の芝キャンプ場画像

このキャンプ施設は土・日・祝日・夏季(期間要確認)・秋季(期間要確認)以外、無料で使用できる期間もあります。

有料期間と比べ無料期間は使用場所が極一部に限られています。

  • 料金:小学生以上1人1泊600円(日帰り、車中泊も含む)。
  • 受付時間:8:00~18:00(事前予約不可)
  • ゴミ:受付にて町指定ゴミ袋に分別して所定の場所に出す。無料期間は持ち帰り。
  • 直火禁止
  • ペット:可(放し飼い禁止)
  • その他:花火・カラオケ・発電機持ち込み禁止
  • 天候注意

串本町役場産業化
TEL:0735-62-0557(8:30~17:15)

丸く見える水平線

潮岬の出っ張ったデッキから、水平線を臨むと何となく地球が丸いのが実感できます。

写真を繋げるともっとわかりやすいかもしれませんね。

潮岬観光タワー

芝生広場を散策した後は、展望タワー横のおみやげ・大食堂・売店でひといき。

食堂では、近大マグロを中心としたメニューが比較的リーズナブルなお値段で味わえます。

食べてみないとどんな感じかわかりませんが、メニューを見る限り黒潮市場で食べたマグロ丼より美味しそう。

和歌山マリーナシティ 黒潮市場のフードコートで初ランチ。

ところで、潮岬にはこれまでにも何度か訪れていますが、未だ観光タワーに入場したことがありません。

わざわざ入場料を払ってまで見る価値あるのか微妙なところですが、海抜100m、360度見渡せる展望台ということです。ご興味あのある方は是非ご覧になって下さい。

潮岬観光タワー

  • 所在地:〒649-3502 和歌山県東牟婁郡串本町潮岬2706−26
  • TEL:0735-62-0810
  • 営業時間:8:00~16:30
  • 年中無休
  • タワー入場料:大人300円/小・中100円
  • 駐車場:有り(無料)/100台

ひとこと

串本といえば大島にもキャンプ施設があって、興味があります。

次の機会には、是非くしもと大橋で大島へ渡ろうかと考えています。