スポンサーリンク

フィネガンズ・バー&グリルでランチ 混雑時の待ち時間と感想。

フィネガンズ・バー&グリル建物と看板画像

友人夫妻と共に4人で訪れたこの日のランチは、「フィネガンズ・バー&グリル」に決定。

USJにあるレストランの中で、一番行ってみたかったレストランです。

スポンサーリンク

フィネガンズ・バー&グリル

フィネガンズ・バー&グリル外観画像

フィネガンズ・バー&グリルは、アメリカのブルックリンにあるアイリッシュ・パブをイメージしたレストランで、アルコールを楽しむこともできます。

  • 場所:ニューヨークエリア
  • 営業時間:10:00~19:30

レストラン案内Web優先受付がダメなら並んで待つのもありです。

レストラン案内Web優先受付で予約しようと試みましたが、思いつくのが一足遅く予約を取ることができませんでした。

それならいっそのこと並んで待つのもありだということで「フィネガンズ・バー&グリル」へ

3連休の土曜日のお昼時で、待ち時間は1時間。

レストランの外まで並んで待つ人の行列ができていました。

多分何処に行っても同じこと。1時間ならまだマシではないかと、並んで待つことにしました。

店の中に入るまではわりとスムーズに進みましたが、店に入ってからが長かった。時間を計ってみたらほぼきっちり1時間経過していました。

想像した以上に広い店内

フィネガンズ・バー&グリル店内画像

ソファ席・テーブル席ともにたくさんあって、ファミレス的な雰囲気のレストランです。

外観からは想像つかない広さで、店内にはバーカウンターもあり、一人でも気軽に食事がとれます。

案内されたのはソファ席でしたが、手荷物は横の台に置いて良いそうです。

バラエティに富んだ洋食メニュー

フィネガンズ・バー&グリル店の外に設置されたメニュー画像

このレストランが気になっていた理由の一つは、メニューがバラエティ豊かなこと。

定番メニューに加え季節限定ハロウィンメニューもあり、何を注文しようか目を奪われます。

注文したメニュー

男性陣は、のどが渇いたと飲み物から注文。

夫が苦手な銘柄しかなく、これならイケるかもと選んだ飲み物がこちら。

フィネガンズ・バー&グリル ハーフヤード画像

夫が注文したのは、ハーフ&ハーフ

友人はハーフヤード(各1,270円)。とんでもなく個性的なグラスビールです。

残り少なくなると、ブーツグラスのように飲み方に気を付けないと吹き出てくるのだとか。

続いて、皆でシェアしようと選んだ食事メニューは

フィネガンズ・ステーキセット(2,300円)

フィネガンズ・バー&グリルのステーキセット画像

添え物は、フライドポテトとクリスプサンドです。写真に写っている白いクリームのようなものは西洋わさびです。

お次は、グリルチキンセット(1,700円)に

フィネガンズ・バー&グリルのグリルチキンセット画像

フィネガンズ・サンドウィッチセット(1,890円)の3品です。

フィネガンズ・バー&グリルのサンドウィッチ画像

サンドウィッチ の中味は、フィッシュケーキ・紫キャベツ・キャロットラペ・ポテトサラダが入っています。添え物は、エビのグラタン・フライドポテトです。

またどの料理にもポロネギとポテトのスープがついてきます。

フィネガンズ・バー&グリルのポロネギとポテトのスープ画像

グリルチキンにはソーダブレッドが付いてきます。ソーダブレッドはお代わりOK。遠慮なく頼んでくださいとのことです。

ちなみにソーダブレッドとは、膨張剤に重曹を用いているパンのことです。

会計と食後の感想。

会計は〆て8,520円。

ステーキのお肉がやわらかくて、めちゃめちゃ美味しかったです。ライスがあれば言うことなかったんですが。

ポロネギとポテトのスープも美味しくいただきました。

グリルチキンも美味しいと言いながら食べたんですが、一口しか食べてないのでインパクトが薄いといいましょうか。

サンドウィッチは、中に挟んだフィッシュケーキとやらが、ただのコロッケみたいでした。

ただ皆でシェアして食べると倍美味しく感じるものです。

4人で3品ですが、これでも結構お腹が膨れましたよ。

最後に、彩道と同じくこちらのレストランでもクルーのお姉さん、忙しい最中食事前に皆の写真を撮ってくれました。感謝です。

食の記録:2018年10月